売れない不動産の理由と対策

「鉄筋一戸建て・築15年」でも売れないかもしれない

物件が立っている場所は、自然が多く、庭もあり、小さな湖に面している美しい場所です。内観はダイニングキッチンと寝室、お風呂場、トイレ。全部で80平米ほど、メゾネットの造りです。

交通は、駅まで徒歩15分。最寄りに2つ駅がありますが、どちらにも15分かかります。地下鉄までは徒歩では行けません。車ならば15分程度です。自然の中にある家ですので、最寄りのスーパーマーケットや、銀行までは20分かかります。小学校、幼稚園も徒歩でそのくらいです。

湖があるのは美しくて良いのですが、小さな子供がいる家庭には危なくておすすめできません。庭も広さはあるのですが、段差になっていて、手入れや活用が難しいです。

家は、排水管が詰まったりするのですが、自力では掃除できない仕組みになっています。洗濯機の横がいつもなぜか湿っていて、塗っても塗ってもカビによるシミができてきます。階段が狭くて急なので、小さな子供がいる家庭には危険です。お風呂場が2階なのに、洗濯機が1階にあり、洗濯するのが大変です。

ほとんど家にいなかったり、バリバリ働くような人には全然メリットのない家です。夏は芝刈りの作業、秋は落ち葉かきなど信じられないくらいたくさんの仕事があります。

ただし、自然が好きで庭仕事が苦にならない人にはパラダイスのような場所だと思います。庭に好きな木を植えて、野菜や果物を育て、湖をバルコニー化眺めたり、夏には泳いだり、お庭でバーベキューをしたり、と夢が広がるのではないでしょうか。もしかしたら、別荘として所有するのが一番素敵かもしれません。

将来に売れるかどうかも購入時のポイント

不動産を買う時に見極めるポイントは、住みよいかどうかといった点はもちろん、将来売れるかどうかも考えるべきです。

実際に今、売れなくて困っている不動産が非常に増えています。

別に高く売れなくていいのです。売れればいいのです。

最近だと一人暮らしの女性が将来のためにマンションを購入するケースが増えています。ただ、広さよりも立地を重視したほうがいいかもしれません。そうでないと将来的に売れなくて困ってしまう可能性があるからです。

リフォームしても一戸建ては売れづらい

もし家が古くて不便なら、売るよりリフォームしたほうがいいかもしれません。内容にもよりますが。

ただ、リフォームすれば売れるという考えはやめましょう。これがマンションなら賃貸に出せたり売れる可能性はグンと上がります。しかし、基本的に貸すためにリフォームをするのが基本で、売るためにリフォームというのは失敗する可能性が高いです。

特に一戸建てはいい建物でも存在価値が認められづらく、土地の価格だけで売れてしまう傾向です。

リフォームすれば売れるなどといった甘い誘いに乗らないようにしましょう。

良いリフォーム業者の選び方